バイデンは石油備蓄1億8000万バレルの再放出を検討し、WTI原油は5%下落した。

ホットスポット欄

元タイトル:バイデンは石油備蓄1.8億バレルの再放出を検討し、WTI原油は5%

ソース:金十データ

木曜日の朝盤、バイデンがより多くの石油を放出するというニュースの影響で、国際原油価格の下落幅は拡大し、ブレント原油の下落幅は3%を超え、WTI原油の下落幅は5%を超えた。p>

関係者によると、バイデン政府は、ロシアの開打後のガソリン価格の上昇と供給不足の問題に対応するために、数ヶ月以内に1日約100万バレルの石油備蓄を放出する計画を検討している。p>

関係者によると、の総放出量は1.8億バレルに達する可能性があるという。

ある関係者によると、ホワイトハウスは早ければ木曜日に米国の石油備蓄の釈放について発表する可能性があるという。発表する前に、彼らは無名を要求した。

ホワイトハウスは声明で、バイデン大統領が木曜日に演説すると明らかにした。エネルギー価格の引き下げと米国の家庭のガソリン価格の引き下げのための努力を含め、ロシアのプーチン大統領のせいだ。p>

声明には詳細な説明はなく、ホワイトハウスのスポークスマンも直ちに評価しなかった。

これまで3人の関係者によると、バイデン政府は高エタノール混合ガソリンの夏の販売制限を一時的に廃止し、米国の消費者の燃料コストを削減することを検討している。

混合ガソリンにエタノールをより多く添加すると、エタノール混合ガソリンは現在純ガソリンより安いため、全国のガソリンスタンドの価格を下げる可能性がある。しかし、バイデン政府はガソリン価格を下げると同時に、エタノールはトウモロコシから作られているため、食品価格を引き上げる可能性がある。 

11月の米中間選挙を前に、バイデン氏はインフレのペースを緩和し、特にガソリン価格を下げる大きな圧力に直面している。自動車クラブ(AAA)のデータによると、政府は昨年、ガソリン価格が2022年に下落することを保証したが、逆に大幅に上昇し、カリフォルニア州のガソリン価格はガロン当たり6ドルに近い。同組織によると、全米平均は4.24ドル/ガロン。

過去6カ月間、バイデンは米国の備蓄から2回の石油を放出した–昨年11月に5000万バレル、今年3月に3000万バレルを放出した。

一方、バイデン政府もオペック諸国を説得して生産量を増やし、米国のガソリン価格を下げるよう努力している。国家安全保障顧問のジャック・シャリビン氏によると、バイデン氏は先週、欧州の同盟国との会議で石油供給と別の備蓄から石油を放出する可能性について議論した。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。