絶えず市場の情緒を挑発します!米国SECは百度、富途など5社を「プレミアリスト」に入れた。

財聯社(上海、編集史正丞)によると、米国現地時間水曜日、米証券取引委員会はホールディングス、、凱信遠達医薬と漁業養殖に従事するNoceraが「予備摘出リスト」に加入したのは、3月以来3回目のリストに組み込まれた中概株でもある。

SECによると、この5社は4月20日までにSECに証拠を提供し、自分が摘発された条件を備えていないことを証明する必要があるという。証明できない場合は、「確定シャッフルリスト」に登録されます。

米国SECが発表した「外国企業問責法案」の実施細則に従い、「摘発リストの確定」に登録された会社は(開示初の年報から計算を開始し、2021年を第1年とする)3年以内にSECに必要な書類を提出する必要がある。「チェックリスト」の会社が提出または提出していない書類がSECの要求に合致しない場合、理論的には2023年の年報を公開した後(2024年初め)に直ちに退場することになる。

3月初めに第1陣の5社がリストに登録されたことに比べて、中概株と関連香港株の大幅な変動が発生し、水曜日のこれらの株の動きは市場全体の感情と関連していることが多く、このニュースはこれらの中概株にとってわずかな影響しかないが、すでに顕著とは言えない。p>

  は3月30日に発表したコメントでも、取引面、基本面、融資需要などの要素を総合的に考慮し、法案がすでにまたは条件付きで香港に上場している企業に与える影響は相対的に小さいと予想しているが、将来の米株の概略的な回帰は取引量の香港取引所への移転を牽引し、香港株の南方向投資ルートが開かれれば、香港株市場に増量流動性の支持を提供することが期待されている。

は3月中旬に行われた国務院金融安定発展委員会の特別テーマ会議でも、この問題について明確な態度を示したことがある。金融委員会によると、中概株については、現在、中米双方の監督管理機関が良好なコミュニケーションを維持し、積極的な進展を遂げており、具体的な協力案の形成に力を入れている。中国政府は引き続き各種企業の海外上場を支持している。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。