ダリオ:現金はまだゴミだが、株式市場はもっとゴミだ

【関連読本】

橋水基金創設者のレイ・ダリオ(Ray Dalio)は近年、「現金はゴミだ」という展望点を何度も強調してきたが、新型コロナウルスの誕生以来、彼の展望点は実際にはあって変わっていない。日曜日の最新インスタグラムで、「現金はまだ『ゴミ』なのか」という質問に対して、彼は肯定的な答えを出した。

>「もちろん現金はゴミです」とダリオは答えた。

残念なことに、これは投資家が株式や債券に資金を投入するほうがいいという意味でありません。「株式のほうがグミだ」からです。

p>
インフレーが実際のリタリンに深刻な影響を与える時期に、ダリオ氏は、投資家は不動産などの「実物」資産に投資したほうがいいと述べた。このビューポイントは、これまでのグッゲンハイムのScott Minerd最高投資責任者のビューポイントと一緻し、Minerdは不動産と芸術品が今後5年間で株式市場に勝ちたいと思っています。

米株10年の牛市を経験した後、ダリオ氏は、問題は多くの投資家が株式市場に殺していることを説明した。過去数ヶ月の市場の特徴は非情的な投資販売であったが、バランズを前に、市場から取り除く必要がある大量のバイブルがあった。

>「この状態が問題だと思います。誰も株をたくさんが作って、誰もがべてが上がることを望みます。」

>「彼らは宣伝されるほど、他の人の金融資産になります。そんなことはできないので、実際に負の環境に戻ります。すべてのものがずかずと上昇することはありません。システムはそう動作しています」とダリオ氏は説明した。

p>

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。