米銀:米国経済が衰退やインフレリスクに直麺している10年期を売却し、30年期TIPSを保有することを提案

米銀は、FRBの金利引き上げは経済を衰退させたり、インフレに陥ったりするリスクがあるとして、10年間のインフレ保証債(TIPS)を販売し、より長期的なTIPSを持つことを提案した。

Meghan SwiberやMark Capletonなどの金利戦略士は、報告書の中で、米国経済がしばらくの成長弱さとインフレ高企業になることをますます懸念していると述べ、「材料によって損益バランスのインフレ率が高くなり、実際の金利が低くなり、特に長期的になる」と述べた。

p>
このような状況の下で、彼らは10年のTIPSを売ることを提案し、30年のTIPSを持つことを提案した。この曲線は経済のハードランディングの光景と、インフレが依然として高い企業の場合、FRBが「鳩派に転向する」光景のおかげだからだ。

p>
債券市場がFRBの今後1年間の金利引き上げの予想を数回計上するにつれて、米国の10年と30年の実質/インフレ調整収益率はここ数ヶ月でゼロになった。10年期の実質収益率は0.2%前後で、3月には一時-1.1%の低点に達したが、30年期の実質収益率は3月の-0.32%から0.64%に上昇した。

>「成長率の減速に伴い、失業率は高くなる」とし、中央銀行は完全に緊縮政策を停止することができる。米銀によると、経済学者はFRBが2023年5月に緊縮政策を停止すると予想し、第2四半期のコア個人消費支出物価指数は3.4%で、来年末までに経済成長率は0.4%に減速すると予想している。

p>>「経済が完全に衰退に陥るリスクは下落に偏っているようだ」と戦略家たちは述べた。「衰退懸念自体は実際の金利に対して下押し圧力を構成しなければならないが、インフレ率が依然として目標よりはるかに高い場合、FRBの立場が変わると、損益バランスのインフレ率を支える可能性がある」

同様に、10年から30年の実質収益率曲線を平坦化するのに役立つのは、米国財務省が5年と10年のTIPSの発行量を増加させると同時に、「インフレ保険基金がさらに実質的な資金流出を起こす可能性があり、これは特に短期と中期曲線に影響を与える」ということです。

p>
同行の戦略家によると、10年と30年のTIPS収益率の差に対する目標は15ベーシスポイントまで狭めることだという。しかし、「この取引のリスクは、米債需要が温まらないか、流動性が深刻に悪化して長期債が売り続けられることだ」と話している。

p>

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。