ニュージーランド中央銀行は2回連続で50ベーシスポイントの利上げを行い、今年の金利は少なくとも3.25%に上昇すると予想している。

ニュージーランド中央銀行は2回連続で政策決定会合で0.5ポイント利上げし、インフレを抑えるために将来的に利上げを続けると予測している。

p>
ニュージーランド中央銀行の通貨政策委員会は水曜日、公式現金金利(OCR)を1.5%から2%に引き上げ、ブルームバーグの調査を受けた22人の経済学者のうち、19人がこの結菓を予想している。同中央銀行は、OCRが今年少なくとも3.25%に上昇し、2023年には4%近くのピークに達し、これまでの予測を上回ると予想している。

ニュージーランド中央銀行は、物価の安定を維持し、最大限の持続可能な雇用を支援するために通貨条件を緊縮し続けることが適切だと述べた。委員会は消費者価格のインフレが1~3%の目標範囲内に戻ることを確保することを決意した。

これは1999年にOCRを発売して以来、ニュージーランドの中央銀行が金利を半%連続で引き上げ、10月以来の金利引き締め幅が175ベーシスポイントに増えたのは初めてです。

ニュージーランド中央銀行が公式現金金利を引き上げ、今年3.25%に引き上げる可能性があると述べた後、ニュージーランドドルは以前の下落幅を消した。

p>
ニュージーランドドル/ドルは0.5%から0.6499まで上昇し、以前は0.7%下落した。この通貨ペアは中央銀行が決定を発表する前に0.6425だった。技術サポートは0.6423に位置し、5月24日の低点です。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。