FRB議事録60回言及インフレ多数の役人は今後のいくつかの会議の各金利引き上げを支持する50ベーシスポイント


FRBは水曜日、5月の連邦公開市場委員会(FOMC)通貨政策会議の議事録を発表した。議事録によると、多くのFRB関係者は次のいくつかの会議で50ベーシスポイントずつ金利を引き上げることを支持している。

>「多くの参加者は、次のいくつかの会議で金利目標区間を50ベーシスポイント引き上げるのが適切だと考えている」と議事録を発表した。また、連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーは、「変化し続ける経済見通しと将来性が直麺するリスクによって、製限的な政策スタンスが適切になる可能性が高い」と述べた。

現在の市場価格は、FRBが年末までに政策金利を2.5%~2.75%程度に調整すると予想されており、多くの地方FRB総裁が考えている中性金利と一緻している。しかし、議事録の声明は、委員会がこのレベルを超える準備をしていることを示しています。

紀要氏は、政策は成長を支持も製限もしない「中性」の立場を超えなければならない可能性があると指摘した。これは中央銀行総裁たちの重要な考慮要素であり、経済全体に影響を与える可能性がある。

p>>「すべての参加者は、価格の安定を回復するために必要な措置をとるという確固たる約束と決意を改めて表明した」と述べた。議事録によると、「このため、参加者は、委員会が連邦基金金利の目標範囲を引き上げ、FRBの貸借対照表のモデルを縮小することで、迅速に通貨政策の立場を中性に転換すべきだということで一致した」という。p>

議事録はインフレに60回言及し、委員たちは物価上昇に懸念を示したが、FRBの政策やサプライチェーン問題などいくつかの要素の緩和と通貨政策の引き締めが情勢の改善に役立つと信じている。一方、役人たちは、ロシアとの衝突と疫病対策がインフレを激化させると指摘した。

当局者たちは、引き締め政策が米国債や大口商品市場を不安定にする可能性があると懸念している。議事録は、「大口商品市場における主要な参加者の取引とリスク管理のやり方は、監督当局にとって完全には見られない」と警告した。リスク管理問題「大手銀行、証券会社、およびその顧客に大きな流動性需要が発生する可能性がある」

それでも、役人たちは金利の引き上げと貸借対照表の削減に力を入れている。議事録によると、FRBは「今年の後半に有利な位置にある」として、政策がインフレに与える影響を再評価するという。

今月初め、FRBは基準金利を50ベーシスポイントから0.75%~1.00%の区間に引き上げ、2000年5月以来最大の金利引き上げを行い、6月1日から毎月475億ドルのペースで縮小すると発表した。FRBのパウエル議長は金利決議後の記者会見で、次のいくつかの会議で、各金利50ベーシスポイントが可能な選択肢であり、単回金利75ベーシスポイントの可能性を積極的に考慮していないと述べた。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。