市場評論:FRBが「臆病者ゲーム」でまばたきするかどうかを検討する問題

FRBはまばたきしますか?収益率はピークに達していますか?インフレから成長への議論に伴い、これは誰もが質問している問題です。また、来るべき経済環境を考慮して、資産価格が調整されているかどうかを判断することが最も重要な要素と言えます。

しかし、これは答えにくい質問です。40年来最大のインフレ問題に直麺して、FRBは選択余地の最大化を求めているからだ。FRBはまばたきをすると思います。経済の減速による政治的圧力がますます大きくなっているからです。しかし、市場はほとんどの重荷を負うと思います。展望ガイドは依然としてFRBの反応メカニズムの鍵であるからです。

FRB議事録を待っている間にこの問題を考え、FOMC後の記者会見の実録を直接調べた。記者のマイク・マックイーとパウエルFRB議長の会話は私の注意を引いた。

マイク・マックイー:FRBには信頼性の問題があると思いますか?

p>

パウエル:いいえ、私は……通貨政策が予想に大きく影響しているとは思いません。私たちは2回の金利引き上げを行っただけです。しかし、金融状況を見ると、2年間(金利)は今280(ベーシスポイント)にあります。昨年9月はまだ20ベーシスポイントだった。

そしてこれは経済全体に表れています。人々はすでにより高い金利を感じている。だから、これは市場が私たちの展望ガイドが信頼できると思っていることを示しています。私たちは維持する必要があると思います。

ここには2点あります。一つは、パウエル氏がバーナンキの通貨政策理論に従っていることだ。

核心は金融市場を私たちの味方にして、彼らに私たちのために何かをしてもらうことです。

p>

パウエル氏は、これが現実に起こっていることを教えてくれた。彼らは75ベーシスポイントしか金利を上げていませんが、金融状況がどれだけ引き締まっているかを見てみましょう。市場が展望ガイドの話を聞いたからです。

その2はパウエルの推論で、座っているよりも歩いたほうがいい。彼が「たった」という言葉を使うと、私は彼が実際に私たちに「今私たちは約束を守らなければならない。私たちは実行します」と言っているような気がします。

では、FRBは何を教えてくれているのでしょうか。この実録は、重大な事件が阻止されない限り、次の2つの50ベーシスポイントの金利引き上げが確実であることを示していると思います。その後、FRBは当時の状況に応じて緊縮のペースを遅くすることができる。だからこれは9月の会議が鍵であることを意味します。

そのため、FRBが選択余地を最大化することを望んでいることを考慮すると、FRBが瞬きするかどうかは今後しばらく懸案になっている問題です。これは基本的に未来にもっと多くの波動があることを意味します。このような「臆病者ゲーム」では、市場は揺れを維持し、株式市場はFRBが反応したり、市場が安定したりするまで下落し続け、業績が予想されないほど厳罰に処せられる。

しかし、最終的には、パウエルがMike McKeeに言ったように、座るよりも起きたほうがましだ。FRBが6月と7月に50ベーシスポイントを利上げしないか、9月に兵力を入れないなら、瞬きです。市場は対応します。

(本文はMarkets Live市場のコメントから抜粋し、著者の個人的な観点だけを代表し、投資提案を構成しない)

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。