36.3%! ユーロ圏の5月PPIは前年同月比小幅反落前月比の増幅は著しく低下

出典:ウォール街見聞作者:&nbsp ;

卜淑情

ユーロ圏の5月PPIは前年同月比と前月比で下落したが、インフレ圧力は依然として高い。

p>
月曜日、EU統計局が発表した最新データによると、ユーロ圏の5月のPPIは前年同月比と前月比で下落した。

p>

データによると、ユーロ圏の5月PPIは前年同月比36.3%を記録し、予想の36.6%と前の37.2%を下回った。

p>

また、5月のPPIリング比は0.7%記録され、予想の0.9%と前の値の1.2%を下回った。

エネルギーPPIリング比は小幅に下落

リング比は

カテゴリー別に見ると、5月、ユーロ圏PPI指数の中間製品リング比は1.7%、非耐久消費財は1.3%、資本品は0.6%、耐久消費財は0.9%、エネルギー価格は0.2%下落し、エネルギーを含まない価格は1.3%上昇した。

p>
EUでは、中間製品の価格は前月比1.7%、非耐久消費財は1.4%、資本品は0.6%、耐久消費財は0.8%、エネルギー価格は0.1%、全業界でエネルギー以外の価格は1.4%上昇した。

p>国別、フィンランド(+5.5%)、エストニア(+5.4%)、リトアニア(+4.9%)PPIの月間上昇幅が最も大きかった、アイルランド&nbsp ;(-19.4%)、スロバキア(-4.4%)、オランダ(-0.8%)、ブルガリア、フランス(ともに0.1%低下)のPPI月間下落幅が最も大きかった。

昨年比では、ユーロ圏の主要工業グループと加盟国のPPI価格のエネルギープレートが5月に94.4%、中間品が25.0%、非耐久消費財が12.3%、資本品が7.5%、耐久消費財が9.1%上昇した。全業界でエネルギーを除いた価格は16.7%上昇した。

全加盟国の中でPPIの前年比上昇率が最も高かった国はデンマーク(+59.8%)、ルーマニア(+59.2%)、エストニア(53.1%)だった。

しかし、最近発表されたユーロ圏の6月インフレ率は予想外に高かった。データによると、ユーロ圏の6月のCPI調整は前年同月比8.6%増加し、過去最高水準を更新し続け、予想の8.5%を上回った。

ユーロ圏のインフレ率が引き続き上昇していることは、ECBが計画している今月の利上げに確固たる理由を提供しており、ECBの10年ぶりの利上げとなる。

p>

ECBのラガルド総裁は先週開催されたECBフォーラムで、7月の25ベーシスポイント利上げ計画を重ねて表明した。また、インフレが記録的な状況が続けば、さらなる行動に出る用意があると述べた。ECBが利上げする可能性があるとの市場分析もある50ベーシスポイント:一方、ユーロ圏のインフレ高企業、一方、FRBは先月、75ベーシスポイントの金利を急進的に引き上げ、ユーロ圏に外圧を与えた。

インフレ圧力の上昇が続く中、欧州中央銀行のVasle管理委員会は本日、9月以降、第4四半期にはさらに利上げが行われる可能性があると発表した。

p>

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。