WTI原油は100ドル近辺で堅調ゴールドマンサックスは急落は「行き過ぎ」としているが、シティは70ドル割れの可能性を警告

WTI原油先物は、を含む銀行は、景気後退が需要に影響するとの懸念から原油価格の急落が行き過ぎているとしている。

WTI原油はアジア市場でほぼ横ばいで、これまで8%下落していた4月末以来の低水準となった。景気減速への懸念から原油を含む大口商品の投げ売りが起きた。ゴールドマン・サックスは、世界の消費が供給に先行し、在庫は臨界的な低水準に近づいているが、シティグループは価格が1バレルあたり70ドルを割り込む可能性があると警告している。

潜在的な景気後退への懸念が金融市場を不安にさせているため、原油価格の第3四半期の序盤が揺れている。FRBを含む中央銀行がインフレ抑制のために利上げした際、投資家は景気減速の結果を考慮してきたが、実物原油市場は引き続き活力の兆しを見せており、ウクライナ戦争は長引いている。

>「景気後退の可能性は確実に上昇しているが、石油市場はその圧力に屈するのは時期尚早だ」とDamien Courvalinを含むゴールドマン・サックスのアナリストチームは報告書で述べている。「世界経済は依然として成長しており、今年の石油需要の伸びはGDP成長率を大幅に上回るだろう」

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。